猫カフェに行くとき気をつけること2選

ライフスタイル

みなさんは猫カフェに行ったことがありますか?

猫ちゃんがたくさんいて、猫好きにはたまらない空間ですよね。

しかし、猫は本来単独行動の生き物。初対面ではなかなか仲良くなりにくいものです。

近づいてもそっぽを向かれたり、撫でようとしたら逃げられるなんてことも…

猫たちと空間を共にできるだけでも幸せですが、どうせなら仲良くなりたいというのもまた本音です。

今回は、猫と接する上で気をつけたいことを2つご紹介したいと思います。

黒い服を着ない

猫は黒色が大の苦手

猫にとってカラスは天敵です。

特に子猫は抵抗力がないため、カラスに襲われて食べられてしまうこともあります。

大人の猫から見ても、餌を横取りするカラスは憎い存在です。

黒はそんなカラスを連想する色のため、猫は黒色のモノに近づきたがらない傾向があります。

赤とグレーに対しては反応が薄い

黒のように苦手というわけではありませんが、赤とグレーも猫からの反応が薄い色です。

赤とグレーは猫の目には認識しづらい色といわれています。

猫の好きな色

猫の好きな色は黄・青・緑・ピンクです。

黄・青・緑は猫がはっきりと認識できる色といわれています。

また、ピンクにも好反応を示してくれることが多いです。

そのため、猫に接する時は黒・赤・グレーを避け、黄・青・緑・ピンクのいずれかが含まれる服を着ると良いでしょう。

柑橘系の香りをつけない

柑橘系とは、みかんやレモン、グレープフルーツなどのことです。

これらには『ソラレン』という、猫にとって有害な成分が含まれています。

そのため、柑橘系の匂いは猫に「あぶない!」と判断されてしまうようです。

猫と触れ合う時は柑橘系の香水などはつけないようにしましょう。

香水自体があまりよくないという節も

香水そのものが猫に有害という説もあります。

猫の肝臓の解毒能力が人間と異なるため、香水に含まれる成分が猫には毒になってしまうという仮説です。

しかし、これに関してはまだ科学的に証明できない点が多く、現時点では「香水が100%危険」とは言い切れないようです。

猫カフェに行く時は香水をつけないのが一番無難ということですね。

たのしい猫カフェ時間を!

いかがでしたでしょうか。

今回は猫と仲良くなるために気をつけたいことの中でも、身たしなみに着目しました。

  • 黒い服を着ない
  • 柑橘系の香りをつけない

猫カフェに行くときはこれら2つに気をつけて、楽しい時間をお過ごしください。

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました