ほろもこの自己紹介

はじめまして、ほろもこと申します。

お絵描き、読書、書き物が好きな、ごくふつうの大学生です。

大学の授業で少し触れたプログラミングにも興味を持ち、そちらも独学で楽しく勉強しています。

『ほろもこ』の由来は、

下の名前から一文字(ほ)+ 小学生のとき仲良しだった猫の名前から一文字(ろ) + もこ

という感じです。

先述のとおり書き物が好きなので、その一環としてブログを始めました。

ふつうで無問題

「ふつうの人」という悩み

私は他のブロガーの方のように「⚪︎万PV達成!」や「月100万円達成!」といった華やかな経歴はありません。

ましてや学問も半ばで、人に教えることができるようなものはほぼ0です。

そう、ふつうの人なのです。

ブログを始めるにあたり、私はこのことでとても悩みました。

ブログは誰かの悩みを解決してこそ存在価値があると聞いたからです。

実は数ヶ月前にも少しだけこのブログで記事を書いていたのですが「私よりずっと知識がある人がすでに解説してくれているのに、わざわざ私が書く必要あるのかな…」と思うと気持ちが沈んでしまい、せっかく書いた記事も全て消してしまいました。

純粋に書くことが好きで始めたのだから、気にせず書けばいいという話ですよね。

しかし、これまでの私は「人からどう思われるか、必要とされるか」ということを考えると身動きが取れなくなってしまうような性格でした。

人は成長できる

その数ヶ月後、私は再びこうしてブログを書いています。

なぜなら「人は成長できる」ということに気づいたからです。

はじめは誰の役にも立てないかもしれない。

それでも書き続ければ、きっと成長して少しでも誰かを助けることができるようになると信じています。

「人の目を気にする」ことをやめた

また、私は「人の目を気にする」ことをやめました

自分の大好きなことを、人の評価を気にして諦めてしまうほどもったいないことはありません。

もし誰にも読んでもらえなかったとしても、私はブログを続けたいです。

好きなこと

  • お絵描き
  • 読書
  • 書き物(日記や小説など)
  • プログラミング

冒頭で述べたように、私の好きなことは主にこの4つです。

お絵描き

絵を描き始めたのは保育園の頃です。

中学までは楽しく絵を描いていたのですが、あることをきっかけに高校のときパタリとやめてしまいました。

大学生になった今は再び楽しみながら絵を描いています。

大学で出会った友達と一冊の本に心から感謝を伝えたいです。

これがなければ、きっと今の私は描くのをやめたままでした。

読書

本は昔からよく読んでいます。

小学生の頃は、1週間に1回くらいの頻度で近所の図書館へ本を借りに行っていました。

中学の休み時間も本を読んで過ごすことが多かったです。

大学生の夏に電子書籍デビューしたことで本が格段に持ち運びやすくなり、毎日の通学時間もほぼ100%読書に使うようになりました。

電子書籍、本当にオススメです。

電子書籍の素晴らしさについてはこちらの記事で語っているので、よければ覗いてみてください。

書き物

「書き物」と一言でいわれても、なんのこっちゃという感じですよね。

ここでは文章を書くという行為全般を指します。

その中で私が特に好きなのは日記、ブログ、小説の3つです。

日記

日記は高校生の時に書き始めました。

当時はスマホのアプリで書いていたのですが、大学生になってからはスマホ離れするために紙の日記へ移行しました。

個人的には、スマホより紙に書く方が頭がスッキリする感覚がして好きです。

毎晩、寝る前にその日の出来事を振り返って日記に書くことが習慣になっています。

ブログ

ブログに興味を持ったきっかけは、私の好きなブロガーさんが「ブログするのおすすめだよ!」と書いていたことです。

ブログを始めるために色々調べていたところ、収益化できることも知りました。

自分の好きなことがお金になるって、とても素敵なことですよね。

今は趣味で書いていますが、いつか収益化できたらいいな…と夢見ています。

小説

小説もたまに書いています。

突発的に思い浮かんだストーリーを、一気に書きたいところまで書いて満足するような感じです。

このような書き方のため、ほとんどの作品が未完成のまま放置されています…笑

小説を書くこと自体は楽しいので、これからも気ままに続けたいです。

プログラミング

きっかけはChatGPT

ある日、大学の授業でChatGPTが紹介されていました。

ご存知の通り、ChatGPTとは自然な文章でチャットができるAIです。

以前はたまにニュースで聞いて「ほへー」と思う程度でしたが、改めて授業で詳しく紹介されていたことで興味を持ちました。

そして授業後にChatGPTを使ってみたとき、そのすごさに驚きました。

「現段階でこんなにすごいのなら、数年後や数十年後にはどんな姿になっているのだろう」と、ChatGPTをはじめとするAIに無限の可能性を感じた瞬間でした。

目標は「強いAI」を作ること

強いAI」「弱いAI」という概念をご存知でしょうか。

強いAIとは、人間と同じように自我を持ち、あらゆる分野で高度な判断ができるAIのことです

今のところ、強いAIは現実に存在していません。

フィクションの中から例を挙げるとするとドラ⚪︎もんでしょうか。

一方、弱いAIは自我を持たず、特定の分野でのみ人間と同等以上の判断ができます

弱いAIの例としては、囲碁AIやChatGPTなどが挙げられます。

こういった高性能に思えるAIが「弱いAI」に分類されるのは意外ですよね。

私の目標は「強いAI」を作ることです。

まだまだ初学者の身ですが、これからもプログラミングに触れながら成長していきたいです。

クリエイティブな仕事が夢

私の夢は、クリエイティブな仕事で生きていくことです。

「クリエイティブ」の一言では広義で、具体的にどのような仕事を指しているのかピンとこないですよね。

そうなのです。私は「イラストレーターになりたい」とか「エンジニアになりたい」といったように、具体的な一つの職業を目標にしているわけではありません。

強いていうなら、「全部やりたい!」です。

世の中には楽しいものがたくさんあります。

だからブログも書きたいし、イラストも描きたいし、AIやアプリも作ってみたいし、物語も作ってみたいし、動画編集もしたいし…ほかにもやりたいことがいっぱいです。

人生は何十年も(もしかすると百年以上)あります。

ですから、やりたいという意思を持って行動し続けていれば、多くの物事を極めることができると信じています。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます!

まだまだ未熟者ですが、あたたかく見守っていただければとても嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました